Press "Enter" to skip to content

腎臓病の患者さんはまず食生活の改善から

体における3大栄養素に糖質・たんぱく質・脂質が存在します。体内で燃焼し尽くせば糖質とたんぱく質は水と二酸化炭素へと移り変わるので、腎臓や肺に居座り続けることはありませんが、たんぱく質については性質上分解されると7~8割程度窒素を含んだ不要な老廃物になってしまうため、排泄時に多少なりに腎臓に負荷が生じます。ですので、日頃から摂取するたんぱく質の量をセーブするようにしましょう。体を維持するための最小限のたんぱく質は体重1kg換算0.6g/日であり、一日換算で約30g~40gです。腎臓病疾患に罹ると糸球体が損傷を受けるので普段通りに血液が通わなくなり、本来体外へ除去されるべきナトリウムや水分が体内に残ってしまいます。重ねて尿と一緒に除外されるような老廃物まで、増加する事態になります。こうした状況下になると、窒素が血液中で増加し、尿毒症を発生させる要因となったり、ナトリウム量の増加で高血圧を招く恐れがあります。ですから適正な食事療法を行い、水分・塩分・蛋白質・エネルギーについて一定値体内へと送り続ける必要があるのです。肉・魚・卵・豆腐に関しては中々のたんぱく質が含まれていますし、食べ過ぎてしまう食品でもあるので注意が必要です。甘い味付けの食べ物には思ったよりたんぱく質が多く含まれています。お菓子は小豆や牛乳・卵を活用して作られているので、エネルギーを摂取しようとして食べ過ぎると、必要以上にたんぱく質を摂取してしまいます。例としては、ショートケーキ単品であっても卵1個程のたんぱく質が含まれている訳です。腎臓病に悩まされる方に向けて、たんぱく質の少な目な特殊食品が売られています。これらを上手に活用するのが長続きのコツです。腎臓機能が落ち込む程に、より厳しく食事を制限しないといけません。加えて、糖尿病の患者さんの場合血糖値を維持するに当たり、エネルギー制限が加わります。食事内容は自己流で判断せずに、医師や栄養士の力を借りて決定するようにしましょう。腎臓病における食事療法の意味合いは、なるべく腎臓病を悪化させない事と、健康状態の維持になります。透析実行前のいわゆる保存期の方ならば、食事療法によって腎不全の進行ペースを抑えられ、結果として透析の導入時期を遅らせられます。更に言えば、透析開始後も、できるだけ健康な状態で透析を行っていく上で、食事療法は重要視されます。カリウムは水に流出しやすいので野菜・芋類は小さめに切ってから茹でこぼし或いは水さらしを済ませてから調理を始めましょう。茹でた場合に除去できるカリウム量は、個々の食品や調理を行う際の水分量・形状・所要時間によって変化が見られます。ほうれん草などの葉茎菜類で約45%、いんげんなどの豆類で30%程カットできます。小さめに切ったり、茹でた後によく水を切ったり、ちゃんと搾るようにすれば、それだけ効果は期待できます。クレアチニンと言うのは筋肉内にある物質を元に作られる老廃物であり、腎臓内で分解された末尿と一緒に体外へ出されます。このクレアチニンの量は、筋肉や運動量と関係しているといわれます。ですから、比較的に女性よりも男性の方が高めの値が出るのです。筋肉量が落ちてくると、クレアチニンの量も減少します。また、妊娠すると、尿から排泄するクレアチニンの量が多くなるために、クレアチニン値が低くなります。浮腫がひどいときや尿量が少なすぎるときは、塩分と水分の制限を設ける必要性が出てきます。この際の制限の定義としては、飲み水の他、食品に含まれる水分量も含めます。浮腫具合が軽かったりそれ自体が無いのなら塩分制限だけになります。水分量の制限については病状や尿量等総合的に踏まえて医師が適切な数値を出します。脱水になればそれだけ腎臓機能の低下を早めるので自己流でどうにかしようと考えるのは止めましょう。こちらもどうぞ>>>>>腎臓病食事